『家と暮らし、そして、本。』本のセレクト スロウな本屋 小倉みゆき


たくさんの本の中から、家や暮らしにまつわる一冊を紹介する、
ieto.meのリーディングヌック。

リーディングヌックとは、 読書(reading)のための小さな空間(nook)のこと。
家や暮らしについて考えるための本を、
ieto.meで、毎月一冊ご紹介します。
陽だまりの窓辺の片隅、お気に入りの椅子、ベッドサイド・・・、
あなたの家のリーディングヌックで、ページを繰ってみてください。

第2回 『住まいの思考図鑑』

佐川旭 著 / エクスナレッジ 刊

 

 

「こんな家に住みたい!」

明確な理想の姿を、あなたはすぐに思い浮かべられますか?

 

そもそも理想の家とは、何でしょう。

それは外観? 間取り? それとも立地のこと?

いつかどこかで見た雑誌に載っていた、憧れの家?

子ども部屋って、いる? いらない?

夫婦の間で、意見も好みも一致する?

果たして、理想の家とは、いったい何を考えなくてはいけないのでしょう。

 

途方にくれそうになったら、ぜひ本書のご一読を。

『住まいの思考図鑑』は、住まいづくりを考えるひとへの1000本ノック。

1000本という数字に、一瞬たじろぐかもしれませんが、

実際に家を建てようとすると、

完成までに設計者からおびただしい数の質問を受け、

(その数700とも800とも言われています)

そのひとつひとつを考え、選択することになるのです。

住まいづくりとは、つまり、思考の連続作業。

この本は、家づくりに向けての、いわば「脳トレ」。

気軽にページを繰ってみてください。

 

たとえば、こんな設問があります。

 

子どもの頃、好きだった場所は?

大人になって居心地が悪かった空間は?

くつろぐ時間に何をしたい?

新居にどうしても置きたい家具は?

 

自分への問いかけ。

読み進めるうちに、気候風土や素材のこと、

日本の住文化が育んできた、長く住み継ぐ知恵や工夫を教わるばかりか、

リビング、キッチン、収納といった個別の項目を考えるうちに、

自分の暮らしを見つめ直していることに、気が付きます。

ユーモアあふれるイラスト満載。

こんなに愉しい1000本ノック、滅多に受けられるものではありません。

 

「家づくりは、自分の人生に対していくつもの質問状を受け取ること」

と、著者は言います。

「どんな家に住みたいか?」を考えることは、つまり、

「自分はどう生きたいか?」に想いを巡らすことでもあるのです。

 

選書・文  スロウな本屋 小倉みゆき

 

 

スロウな本屋

「ゆっくりを愉しむ」をコンセプトに、店主が選んだ絵本と暮らしの本が揃う小さな新刊書店です。
戦前から残る木造長屋をリノベーションした店内では、毎月多彩なワークショップを開催しています。
岡山市北区南方2-9-7
tel 086-207-2182
http://slowbooks.jp/

 

 

 

あなたは、 どんな空間で、どんなふうに生きたいですか? ieto.me

 

写真 / 「生坂の平屋」 佐渡基宏建築アトリエ