『家と暮らし、そして、本。』本のセレクト スロウな本屋 小倉みゆき


家。どんな家に住みたいか。どんな暮らしをしたいのか。建てる前に考えること。暮らしはじめてわかること。毎日のこと。家とは、いったい何だろう? 家にまつわる本をご紹介する「ieto.meの本棚」。

第20回 『おふろだいすき』

 

松岡享子 文/林明子 絵/福音館書店 刊

 

 

 

「ぼく、おふろだいすき。おふろへはいるときは、いつも、あひるのプッカをつれていく。」

湯気がいっぱい、ぽかぽかのおふろ場。いつものように湯ぶねに入ると、外からお母さんの声。「ゆかげんは どうですか?」 ぼくは答える「あつくもなし、ぬるくもなし、ちょうどいいかげん」

お湯からあがって、からだを洗いはじめたら、お湯の中で遊んでいたプッカが、慌てて浮いてきた。「おふろのそこに、おおきなかめがいますよ」 浴槽から現れたかめに続くは、双子のペンギン。びっくりしたぼくの手から、せっけんがするりと滑り落ちて、つるつる滑り出す。ペンギンたちがおなかでシューっと滑ってせっけんを追った先には、大きなオットセイが・・・! かばの耳の後ろを洗ってやりながら、まだ洗っていなかった自分の耳の後ろを思い出したり、くじらのシャワーで泡を洗い流したり。おやまあ、なんて素敵なおふろなんでしょう!

『はじめてのおつかい』『こんとあき』などの絵本で知られる林明子さんが、あたたかなタッチで描く愉快なおふろ絵本。ああ、こんなおふろがあったら、小さな子どもも、率先して入浴してくれるかもしれない。いや、大人だって、きっと。今宵もおふろが、こころもからだも温まる時間でありますように。さあ、50まで数えますよ。

 

選書・文  スロウな本屋 小倉みゆき

 

 

『おふろだいすき』 オンラインショップページ

https://slowbooks.securesite.jp/shop/products/detail.php?product_id=218

 

 

スロウな本屋

「ゆっくりを愉しむ」をコンセプトに、店主が選んだ絵本と暮らしの本が揃う小さな新刊書店です。戦前から残る木造長屋をリノベーションした店内では、毎月多彩なワークショップを開催しています。
岡山市北区南方2-9-7
tel 086-207-2182
http://slowbooks.jp/