『家と暮らし、そして、本。』本のセレクト スロウな本屋 小倉みゆき


家。どんな家に住みたいか。どんな暮らしをしたいのか。建てる前に考えること。暮らしはじめてわかること。毎日のこと。家とは、いったい何だろう? 家にまつわる本をご紹介する「ieto.meの本棚」。

第22回 『あけるな』

 

谷川俊太郎 文/安野光雅 絵/復刊ドットコム 刊

 

 

 

レンガ造りの重厚な建物。入口の扉には、「あけるな」と書かれた木の板が何枚も打ち付けられている。ページを繰る。「あけるなったら」。次のページを繰る。「あけるとたいへん」。地面には、はずされた木の板が散らばっている。

変な扉である。それでも「あけるな」と言われれば、あけずにはいられないのが、人間のこころというもの。あけてはいけない扉。ページを繰り、打ち付けられた木の板を、一枚一枚はずしていく。なんだかドキドキしてきた。

板を外し切った扉には、最後のメッセージ。「あけるなといっているのに」。勇気を出して、さあ、あけてみよう。すると・・・!?

扉を開けるごとに広がる、美しく不思議な世界。そして、また現れる次の扉。扉は、あけるためにある。その先に、いったいどんな世界が広がっているのだろう。スリリングな絵本は、1976年銀河社より刊行され、永らく絶版になっていたが、2006年に復刊された。時代を経ても、小さなひとはもとより大人をも、今なお魅了し続ける不思議な力を秘めた絵本。読み終えたら、家中の扉が気になるかもしれない。扉の向こうには、どんな世界が広がっているだろう。さあ、勇気を出して・・・。

 

選書・文  スロウな本屋 小倉みゆき

 

 

『あけるな』 オンラインショップページ

https://slowbooks.securesite.jp/shop/products/detail.php?product_id=604

 

 

スロウな本屋

「ゆっくりを愉しむ」をコンセプトに、店主が選んだ絵本と暮らしの本が揃う小さな新刊書店です。戦前から残る木造長屋をリノベーションした店内では、毎月多彩なワークショップを開催しています。
岡山市北区南方2-9-7
tel 086-207-2182
http://slowbooks.jp/