ie-Photo stories 『丘の家』【土岐建築デザイン事務所】 ie-Photoギャラリー

 

 

 

丘の家

 

 
丘の家concept

 

 

━━━    story   ━━━

市街地より少し離れた小高い丘の中腹に建ち、

家族3人とウサギが暮らすミニマムな住宅である。

日常の生活の中で「シンプルで感性が宿る家」「小さくても広い家」を

コンセプトに計画・設計を試みた。

また、趣味の音楽やアウトドアを愉しむ事ができる家。

家族や友人が集う家もテーマのひとつであった。

 

 


 

 

−敷地−

西に雑木林と周囲に数件の民家が建ち並び、閑静で自然がまだ残る環境豊かな場所である。
2区画の開発工事に伴い、雛壇状になった敷地形状で、
1メートルほどの高低差がある駐車スペースからコンクリートの階段を上がりアプローチに向かう。

約113坪という広い敷地には(雑木林の木陰の一画に)一段高い芝生広場もある
無駄のない敷地である。
この敷地からは南に市街地が見渡せる、絶好のロケーションでもある。

 

 

 

 

−プラン−

周囲の建物の配置と雑木林との関係に於いて、
冬時期の日照時間を考慮した配置計画にした。
よって建物全体を南に向け、
主要な部屋の採光を十分に取り入れるプランとなっている。

直線的になったアプローチからポーチ、玄関へ。
玄関、ホール、廊下は最小限のスペースにした。

廊下よりサニタリー(便所、洗面脱衣室、浴室)へと繋がる。
洗面脱衣室は家族の衣類を収納する部屋になり、
ドライニングエリアとなるサービスヤードへ出られる。

 

 

また、同じ位置にバスコートを設けている。
ここは塀で囲み、南東に向いた日当りのいい場所となる。

廊下の一方のドアよりリビングに入る。
リビングはダイニング、キッチンとも繋がり17帖のワンルームの部屋となる。
また、10帖分のリビングは吹き抜けとなり、一層伸びやかな空間となっている。

 

 

 

2階へは吹き抜けになった階段を上がり、ホールを中心として、
寝室、趣味室、スキップフロアになった子供室で構成している。 

2階から遠くに町並みや新幹線が眺められるため、
主たる部屋の窓はこの方向を向いている。

 

 

 

 

−デザイン−

外観は、背景の山々と重なるため有機的なマテリアルを基本に、
シンプルなカタチの屋根とチャコール色の外壁で整えた。
内観は白い壁をベースに無垢材の床、造作材、造り付け家具を用いている。
よって、これらの簡素な素材と空間は住人の生活具や家具にも馴染んでいる。
また、吹き抜けになったリビング、階段室、2階ホールは
どこか教会を連想させる装いとなっている。

 

 

 

 

 

 

 

概 要

建設地 : 岡山県岡山市北区大安寺
主要用途 : 専用住宅
主体構造 : 木造2階建
敷地面積 : 373.16m2(112.88坪)
延床面積 : 99.36m2(30.05坪)
計画・設計期間 : 平成25年12月〜平成26年5月
工事期間 : 平成26年6月〜平成26年12月

 


設計 / 有限会社 土岐建築デザイン事務所

 

土岐建築デザイン事務所webサイト・・・http://www.toki-ad.com/