オープンハウスレポート・「壁の向こうの棲家」FOMES design

2016.02.15

 

FOMES design  『壁の向こうの棲家』
オープンハウスレポート

 

設計事務所が開催するオープンハウスに行ったことがありますか?
マイホームを検討しているけど、オープンハウスに行くと、もうそこで建てなきゃいけない気がして…、そうかんたんに見学の申し込みができない…。でも、行ってみたい!
そう思う方、少なくないのでは?

オープンハウスがどんなものか、
家づくりにどう役立てればいいか、
ieto.meが実際に行ってレポートします。

 

 

 

2016年1月23日(土)、高梁市でFOMES design 『壁の向こうの棲家』の完成見学会がありました。
FOMES designのオープンハウスはどんなものなのか、完成見学会に行ってきました!
Q&A形式で、気になることをいろいろと質問させていただきました。
当日の様子の写真とともにご覧いただきます。

 

 

・・・・・

 

その日はとても冷たい、寒い日。
備中高梁駅近くの商店街の中に、『壁の向こうの棲家』はありました。

 

 

商店街に面した駐車場の奥からは、パンや焼き菓子の焼けるおいしい香りが。
この、おいしいケーキとパンのお店『パティスリー・シャロン』の隣に、『壁の向こうの棲家』はあります。

 

 

早めの時間に伺うと、FOMES design・髙見さんは丁寧に質問に答えながら、物件の説明をしてくださいました。

 

 

設計事務所が開催するオープンハウスって、なに?どんなもの?展示場とは違うの?

 

それは単純に、リアリティのあるかないかの違いです。
お客さんみんな言われます。展示場を見ても具体的な参考にならないって。
現実味のない広さ、現実味のない豪華さ。
背伸びしない、リアリティのある建物が見たいんですよね。
設計事務所のオープンハウスはリアルに暮らす家の見学です。

 


ナチュラルな印象の室内。ステンレスのキッチンがポイントになってます。

 

 

見学をするための申し込みはどのようにするの?

 

見学会のお知らせはホームページで公開しています。
申し込みは、メールや電話で承っています。
見学会は予約制なので、まずは名前と連絡先を書かれた申し込みのメールをいただきます。電話でもお受けしますよ。

そして、そのご連絡先へ会場の住所と地図をこちらからメール差し上げます。そのときに、細かく質問させていただくことはないです。
駐車スペースの都合などもあるので、ご来場時間がいつ頃になりますか?とはお伺いしています。車を停めるのにご迷惑がかからないようにするためです。
駐車できない街中などでは、予め公共交通機関をご利用くださいとお知らせします。

前は時間帯を決めて予約していただいてたんですけど、最近はそこまで細かくはしていないですね。

ただ、予約なく、通りすがりに見たいと仰る方は申し訳ないんですがお断りしています。
施主様のご好意で開催させていただいているので、予約は必ずお願いしているんです。

 


予約の方だけに限定したオープンハウス。施主様も安心ですね。

 

 

見学の時の注意点は?

 

FOMES designでは、施主様への配慮からお子さんの見学はご遠慮いただいています。
はっきりとお断りさせていただいてますね。施主様の家を守るというのが理由です。

ホームページでお子さんの見学はご遠慮いただくよう、先にお知らせしています。

他は、玄関入り口に手袋を準備していますので、手袋をしてから入っていただいてます。
まあ、手袋していてもあまり建物に触る方はいないですね。手袋してるのに触れずに指差すかんじで(笑)。

 


玄関には手袋が用意されています。

図面が置いてあるので、自由に見ていただいて、実物と比べてもらうことが出来ます。

 

 

今回の『壁の向こうの棲家』の特徴は?

 

この『壁の向こうの棲家』は、ケーキ屋さんの敷地の中に建つパティシエとその家族の為の住宅です。

職場の目の前に暮らしながらも、勤務時間外は少しでも仕事のことは忘れ、家族とゆっくり寛げるように、と、『壁』のような外観になりました。
また、この『壁』は、店舗のイメージを崩さないように、生活感を隠す役割も果たしています。

木製ルーバーの部分は、外からは中が見えず、でも家の中では『壁』の閉塞感を全く感じず明るい、『目隠しの透ける壁』なんです。
店舗付き住宅ならではの特徴が詰まった家ですね。

キッチンは側面もステンレスです。どーんと、ステンレスにしてほしいという施主様の要望で。

この家の暖かさは蓄熱暖房機の暖かさです。エアコンほど風を感じないで温もります。
蓄熱暖房機は大きいからどこにでもは置けないんですよ。
キッチンカウンターの下に配置することが多いですね。この大きさが邪魔にならない場所だから。

 


いろんな役目を持つ「壁」。

「壁」が白という効果もあってか、室内はとても明るいです。空が見えて圧迫感を感じないデッキ。


食洗機は60cm幅のものです。通常は45cmなんでかなり大きいですね。

シンクの反対側に蓄熱暖房機が。じわりと暖かさが室内を包みます。

 

 

FOMES designが開催するオープンハウスの雰囲気・特徴は?

 

施主様のことを考えて、あまりオープンにしていない見学会ですね。看板も立ててないですし。

その他だとFOMES designの家に住んでる方はよく見学に来られます(笑)。
今回は高梁での開催だから、岡山・倉敷界隈の人は遠慮されるかと思ったけど、皆さん結構いらっしゃいますね(笑)。
こうして見学会をしている家の施主様も、以前に建った家の見学に伺ったりしているので、施主同士ここでの再会を楽しみにしていただけてるみたいで。
もう親戚みたいな雰囲気です。

同業の方もよく来られますね、若い同業者の方が最近は特に。SNSで告知すると反応がありますね。
僕も同業者のオープンハウスは見たいから行きます(笑)。
同業者同志、意見交換して良くなればいいですから。

 


お客さんかな?と覗いてみます。外からはまったく見えないルーバーでした。

 

 

見学でどういった点に気をつけて見るとよい? 家づくりで参考になる点。

 

たとえばキッチンのつくりとか。キッチンは特に。
引き出しの位置や持ち手、引き具合、右にあるのがいいか左にあるのがいいか、材質はどれがよいか、食洗機なら大きさはどのくらいが必要かなど考えながら見るといいです。
自分に合うかどうかを確認できるのでいいですよ。

今建設中なら、壁の仕上げはどんなのがいいとか、おさまりとか、気づいてもらう事ができますね。直に見ることができるから参考になると思います。

…こっちも試されてる感じ(笑)。

 


キッチンは、シンクとコンロが分かれています。コンロはIH。取り外し可能なコントロールノブのものでした。

 

 

見学がきっかけで家を建てたという方はいらっしゃいますか?

 

いらっしゃいますよ。よくあります。
実際うちで建てられた方も見学会を3回見に来られました。
3回目の見学会を見て「よろしくお願いします」と言ってくださいました。
見学会に来てくださると、僕たちも気軽にお客さんと直接会えるじゃないですか。世間話ができて打ち解けられる。それが嬉しいですよね。

 

 
2階の高さまで「壁」があるので視線が気になりません。青空も見えて明るく、とても暖かい2階。  部屋の入り口が広く開くと使い勝手がいいですね。

 

 

オープンハウスで印象に残る出来事はありますか?

 

FOMES designの家の施主OBさんがいつも見学に来て、「いいなー!」って感心しながら見てくださるんですが、見終わって帰るときには、「でも、やっぱりウチがいちばんいいよね。」って言って帰られるんです。

僕らとしては、ほんと嬉しい言葉ですよね。そんな家をたくさん創りたいです。

 


木製ルーバーからきれいな光が差し込んでいました。

 

 

Q建築家より、見学される方へコメントを。

 

この『壁の向こうの棲家』のような、難題の多い家づくりこそ建築家に頼っていただくとよいと思います。
そういうケースを間近に見ていただけるのは設計事務所のオープンハウスならではの特徴です。

見学は、思っているより気軽に来てもらっていいと思います。営業なんてしませんから(笑)。
どうぞ気軽に見学してください。

 


難しい条件を抱えている時こそ建築家に頼ると良い、ということは、オープンハウスで見学して実感しました。

 

 

 

見学をしていると、たまたま「壁の向こうの棲家」の施主様がいらっしゃいました。
施主様に完成した家についてお話を聞いてみました。

「店舗の敷地内に建てる住宅だったので、景観や駐車場、変形した土地での建設など、自分たちでは解決できない問題をクリアしてくれて、望みを形にしてくださったので、本当に満足しています。
もう住まれているお宅や他の建設中の物件を見せていただいたのはとても参考になりましたね。」

「気に入っている所は、いっぱいあります(笑)!
中でもデッキはいいですね。壁が目隠しになって人目を気にせずゆっくりできます。
壁がないとカーテン閉めっぱなしで暮らさないといけないところでした。採光も充分!早く暮らしたいですね(笑)。」

 

ほんとに嬉しそうなご主人の表情が印象的でした。

 

 

オープンハウスで住宅を見学することは、
家づくりを考えている方たちにとって貴重な良い機会と思います。

あなたのほっとできる家をつくるために、ぜひ、足を運んでみてください。

 

株式会社 FOMES design

〒710-0054 岡山県倉敷市本町 9-18
tel:086-423-5488
http://www.fomes.net