D社 オフィス  住まいの設計工房アデックス   
   T字の家  土岐建築デザイン事務所   
   壁の向こうの棲家  FOMES design   
   まち・テラス・いえ  佐渡基宏建築アトリエ   
   stage 67 – 通り土間のある家  stage Y’s一級建築士事務所   
   築山のある家  TENK / テンキュウカズノリ設計室   
   置き屋根と荒削りの家(再生と新築) 自宅兼事務所  ヤマグチ建築デザイン   
   VERTICAL HOUSE(縦格子の家)  岡本光利一級建築士事務所   
   桜が丘の住宅  本徳建築設計事務所   
   ヒコサキの家  平野建築設計室   
楽しいお話を聞いているうちにベーグルも焼きあがりましたよ!

3.心の平和を握る冷蔵庫 『暮らし上手さんに会おう!第10回』

『パン教室「Campagne(カンパーニュ)」佳奈子さんの日々のたのしみ』 第3話ですヨ! 赤磐市の自宅でパン教室「Campagne(カンパーニュ)」を開いている加藤佳奈子さん。5歳になる食いしん坊の息子さんとご主人の3人暮らし。焼きたてパンの香ばしい香りとともに、おいしい食べ方や旬のもの、インテリアのことなど、飾らない人柄で「おいしい!」の喜びや楽しさを伝えています。お話を聞きに行った日は、コロコロとしたつやつやのベーグルを焼いてくださいました。

20170522up_hirumae-ieto.me_eye_3758_400px

Staff Blog | 5/22月曜日の、ひるまえieto.me。暮らし上手さん第3話は19:30から!

ieto.meのスタッフブログ。担当は、食と歴史に注ぐ愛の深さはマリアナ海溝レベルのガチャピン女史です♪ ガチャピンさんは、とっても料理好き。そしてとっても上手!(^-^) ただいま連載中の『暮らし上手さんに会おう!』を毎週楽しみにしているそうですよ! スタッフのゴルビー、アリノ、ガチャピンが日々のつぶやきとともにコンテンツのご案内をします。

第14回 『ゼロ・ウェイスト・ホーム』

毎月、家や暮らしにまつわる1冊の本を紹介するコンテンツ、『家と暮らし、そして、本。』選書と文は、 スロウな本屋の小倉みゆきさんです。14冊目はこちらの本。シンプルに暮らしたいから、読んでみたい一冊。

WA MODERN HOUSEオープンハウス開催のお知らせ・岡本光利一級建築士事務所

  2017.5.10 画像をクリックすると拡大してご覧になれます。   WA MODERN HOU … つづきを読む >>

『5月の暮らしの相談会』のお知らせ・土岐建築デザイン事務所

  2017.05.05     5月の暮らしの相談会 建築デザイン・空間デザイン・エクステリアなど建築のさま … つづきを読む >>

ホウキの家 [ 平野建築設計室 ] ie-Photoギャラリー

  平野建築設計室 Architect 設計事務所紹介ページ 平野建築設計室 Web site 古民家再生 二 … つづきを読む >>

burari02-02

まちの由来さんぽ 第3回 『一宮をぶら~り』

毎回、岡山のあちこちへ出かけ、町の由来を探りながら気ままに散歩。そこで出会った気になるヒト、モノ、コトにじっくり目を向けてみると…。町って、歩けば歩くほど、知れば知るほどおもしろい!文・写真 小野泰子

創作者の棲家 [ FOMES design ] ie-Photoギャラリー

  FOMES design Architect 設計事務所紹介ページ FOMES design Web si … つづきを読む >>

ieto.me_sado_uno_01_eye_s

宇野の家 [ 佐渡基宏建築アトリエ ] ie-Photoギャラリー

  佐渡基宏建築アトリエ Architect 設計事務所紹介ページ 佐渡基宏建築アトリエ Web s … つづきを読む >>

オープンハウスレポート・本徳建築設計事務所 完成見学会 編

『オープンハウスレポート・本德建築設計事務所 編』~ 2月18日・19日に、本德建築設計事務所の完成見学会がありました。その様子を「かんたんレポート」します!完成見学会は、家づくりにとても参考になるイベントです。そんなにしょっちゅうは開催されないので、見逃してしまうと、同じ設計事務所の見学会はしばらくおあずけということも・・・。また、行きたいけどなかなか踏み切れないという方もいらっしゃるのでは?かるく、ですが、実際にオープンハウスを見て感じたことをレポートします。

4.建築の力を信じて ~気になる建築家の横顔 第8回~

シリーズ第8回目に登場してくださるのは、ヤマグチ建築デザインの山口晋作さんです。大学院では建築史専攻という経歴を持ち、地元では仲間とアート活動を行っている山口さんから出てくるお話は、時代や空間を自由に行き交う刺激的なもの。穏やかな口調ながらも、情熱的に熱く語られていた姿が印象的でした。