おいしい、うれしい、そんなもの。その9 煮込み料理に使いたい「プレスワイン」

2018-12-27

 

さてさて本格的な冬を迎え、インドア派にとってはうれしい“おこもりシーズン”到来。
あたたかな部屋でネコをかくまい(笑)、漫画片手にこたつに入ってぬくぬくと過ごす…。ささやかな、それでいて心もからだもあたたまる、休日の密やかなくつろぎのひとときである。

そんなムードの休日、作って食べたくなるのが冬の定番、煮込み料理。コトコトと、時間がゆるーくゆったりと流れるこの感じ。鍋に材料を放り込んでおけばいつのまにか完成するので、その間おこもり気分を邪魔されることもない。

おすすめは赤ワイン煮込み。意外にも簡単にゴージャス&あでやかな一品になるので、おウチでいきなりビストロ気分が味わえる。

料理酒はたっぷり使うことで、驚くほど味が垢抜ける。求められるのはずばり「コク」。選ぶ際には、赤ワインなら「渋み」が効いたもの、白は「酸」が強めのものが向いているようだ。高いワインじゃなくて全然かまわない。

日本酒を使う場合も、上品な吟醸酒ではパンチ不足で、旨みどっしり系の純米酒、できればアミノ酸の高いものを選びたい。贅沢に使ってがっつり煮詰めるのがおいしく作るコツ。

というわけで、おこもりデーのもう一つのお愉しみ、とびっきりの赤ワイン煮込みで、すてきなおうち時間を! ビバ!

 

鶏肉とプルーンの赤ワイン煮込み【参考「ほぼ10分でトロッとなる煮込みです。」(牛尾理恵著)】

 

■井筒ワイン(長野県塩尻市)

長野県産ぶどう100%で醸造された酸化防止剤無添加の国産ワイン。ラインアップのひとつ、プレスランは、いわゆる「二番搾り」のワインのこと。フリーラン(タンクから自然に流れ出す)による搾汁のあと、圧力を加えて絞り出されます。プレスによって渋みが加わり、やや深みのある味わい。コクがでるため、料理用のワインとしてよく使われます。もちろんテーブルワインとしてそのまま飲むのもおすすめ。ホットワインにする場合はスパイスやはちみつ、オレンジやレモンなどを加えても楽しいです。

いづつワイン プレスラン
赤白ともに720ml 965円

酸化防止剤無添加でカラダにやさしい。デイリーワインとしてもおいしい

 



酒のみむら プロフィール
「からだにやさしい、おいしいお酒と食のある楽しい生活」をテーマに、こだわりの日本酒、焼酎、ナチュラルワイン、伝統調味料、自然食品などを販売している酒販店。市内の飲食店さんとコラボして、おいしい料理とお酒を楽しむ会なども定期的に開催してます。

【 表町店 】
岡山市北区表町3丁目6−21(西大寺町商店街内)
TEL&FAX 086-206-5001
営業時間 11:00〜19:00(金・土・日曜が通常営業です※そのほかの日は不定期営業です)
【 加茂店 】
岡山市北区加茂508
TEL&FAX 086-287-2156
営業時間 10:00〜18:00(木曜定休)
facebook https://www.facebook.com/sakenomimura/
ホームページ http://www.ura-sake.com

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧