その20 マラガ産干しブドウで作る ラムレーズンパウンド

2020.12.24

 

わが家には30年使っている古いガスオーブンレンジがあるのだが、
なんと、まだ一度も壊れていない。

頑丈なのはよいが、とにかく大きすぎて場所をとるのが難点。
台所が狭小なこともあって、オーブンを使う際には、
まずその上部や周辺にあるモノをよけるところから始めねばならず
これがけっこうめんどくさい。
いまどきのスリムなものに買い替えたいのだが、
残念ながらいっこうに壊れてくれる気配がないので、ままならない。
そんなこともあって、最近はケーキを焼く機会もめっきり減ってしまった。

それでも時々はご機嫌をうかがってやらねばと思う時がある。
クリスマスをきっかけに、その前後の冬ごもりシーズンになると、
そろそろ動かしてみるか、となる。

珍しいスペイン・マラガ産の干しブドウが手に入ったので、
重い腰を上げてケーキを焼いてみた。
マラガの干しブドウは枝付きだったり種がそのまま入っていたりする。
ワイン好きには知られる高級ブドウ、モスカテル種(マスカット)から作られるので、
甘さの中に上品な酸味があって後味がとても爽やかなのだ。

老いぼれとはいえ、ガスオーブンは火力が強く、
一度点火すると台所中にわっと熱気が回る。
ファンが回る音も心なしかワイルドである。
ケーキが焼ける甘い香りとともに冬の台所がぬくぬくと温まる。
その空気が妙にここちよく、
無骨なオーブンもこれはこれで寒い季節にはなかなかに役に立つのである。

砂糖の代わりにココナッツシュガーを使ってみました。
なので見た目がブラウンケーキに(笑)

 

■スペイン マラガ産D.O.認定干しブドウ

自然農法により栽培されたモスカテル種(マスカット)を、伝統的な手作業による天日干しでつくられる自然の干しブドウ。大粒の中に種がそのまま残っていて、口の中に入れるとポリポリとした小さな食感が楽しめます。コクのある甘さの中に、すっきりとした酸味があるのが特徴です。
ちなみに「マラガ」はスペインアンダルシア州の地名。この地方ではレーズンのことをマラガと呼んだりもするそうです。
天日干しされたブドウには強力な抗酸化作用があり、カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウムなど、通常のブドウの5〜20倍含まれているといわれます。
250g/1280円(税込)

香りがよくてお酒にも合います

 



酒のみむら プロフィール
「からだにやさしい、おいしいお酒と食のある楽しい生活」をテーマに、こだわりの日本酒、焼酎、ナチュラルワイン、伝統調味料、自然食品などを販売している酒販店。市内の飲食店さんとコラボして、おいしい料理とお酒を楽しむ会なども定期的に開催してます。

【 表町店 】
岡山市北区表町3丁目6−21(西大寺町商店街内)
TEL&FAX 086-206-5001
定休日 月・木曜日

営業時間 火・水曜日 15:00〜19:00
     金・土・日・祝日 11:00〜19:00

【 加茂店 】
岡山市北区加茂508
TEL&FAX 086-287-2156
営業時間 10:00〜18:00(木曜定休)
facebook https://www.facebook.com/sakenomimura/
ホームページ http://www.ura-sake.com

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧