その32【最終回】 不滅のお餅とあんこ〜北海道小豆でつくるぜんざい

2022.12.22

 

 

今年も余すところわずか。クリスマスからお正月へ
と、デパート
やスーパーの食品売り場がわっと盛り
上がるシーズン到来。おせ
ち用の食材がずらっと並
ぶ様は、いつもの歳末の風景だ。

お正月に欠かせないもの、といえば、まずはお餅。
実は、実家の
稼業が餅屋だったので、お正月用の
小餅や豆餅はよそで買ったこ
とがあまりない。
あんこも自家製で、つぶあんのおはぎなど餅菓

も店でつくって販売していた。赤飯もしかり。

餅屋の子なので、いつでもお餅があったし、あんこ
もあったか
ら、おやつがわりにぜんざいを作ってよ
く食べた。冬のさむーい
日に食べるぜんざいは格別
で、とろーりあつあつのつぶあんにこ
んがりと焼い
たお餅をからませて、ふーふーしながらほおばった
ものだ。

家業を継ぐ者もなく、店ののれんを下ろしてすでに
久しい。父も
四年前に他界した。あんこを炊いてい
た大きな開放釜と、重厚な
餅つきの機械が残った製
造場は主を失くしてひっそりと静まり
返ったまま
だ。
小豆の炊き方も、あんこの作り方もまったく手
ほどきを受けるこ
とはなかったが、シブ抜きと塩の
加減で出来が決まると、そうい
えば言っていたな。

父の命日にあたる12月下旬。北海道のオーガニック
小豆でぜんざ
いを作ってみた。見た目も実家のとは
違うけれども…(笑)
赤い小豆は邪気を払ってくれ
るという。厄除けと供養をかねた今
年一年の締めく
くり。来年もまた、一年無事に過ごせますように

祈りを込めて…。

実家のお餅が食べられなくなったので、
奥出雲 仁多きねつき餅で。とてもおいしいです。

 

■北海道産オーガニック小豆

今回はネットでお取り寄せしてみました。十勝産よ
りも少し
小粒のものを探していたところ、たまたま
こちらの小豆が
ヒット。小豆はポリフェノールやビ
タミン、カリウム、食物
繊維を多く含むほか、デト
ックス効果もあるので、ハレの日
だけでなくもっと
日常的に活用したい食材のひとつです。な
により、
日本人には馴染みが深い! 砂糖と一緒に炊いてあ

んこにしたり、いつものお米に少し混ぜて炊いてみ
たり…。
豆類は乾物なので保存にも便利です。

ネットで注文してみた北海道のオーガニック小豆

 



酒のみむら プロフィール
「からだにやさしい、おいしいお酒と食のある
楽しい生活」をテーマに、こだわりの日本酒、
焼酎、ナチュラルワイン、伝統調味料、自然食
品などを販売している酒販店。市内の飲食店さ
んとコラボして、おいしい料理とお酒を楽しむ
会なども定期的に開催してます。

【 表町店 】
岡山市北区表町3丁目6−21(西大寺町商店街内)
TEL&FAX 086-206-5001
定休日 月・木曜日

営業時間 火・水曜日 15:00〜19:00
     金・土・日・祝日 11:00〜19:00

【 加茂店 】
岡山市北区加茂508
TEL&FAX 086-287-2156
営業時間 10:00〜18:00(木曜定休)
facebook https://www.facebook.com/sakenomimura/
ホームページ http://www.ura-sake.com

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧