昔から、変わらず「そこ」にある、静かなたたずまいの食品たち。
普通なのに、なんだかとてもありがたい。
暮らしの「定番」に加えたい、そんな、普段づかいの安心食材を見つけてみました。

酒のみむら ・ 三村佳代子

おいしい、うれしい、そんなもの。その1 愛農徳用番茶 わかつちの会 堀田農産

2017-08-24

 

上等でおいしいお茶は、それこそお金を出せばいくらでもあるけれど、
毎日普通に飲むお茶は、平均そこそこのものがむしろ上等。
財布にやさしく、カラダになじむ…
結局、たどり着いたのが「徳用番茶」。
これなら、惜しげなくがんがん沸かして毎日飲める。

袋からそのまま茶葉をつまんで、沸騰したお湯に、そのまま入れてしばらく弱火。
一杯一杯淹れずにすむ気楽さもうれしいし、
湯気とともに、力強いお茶の香りが一気にたちこめる瞬間がこれまたうれしい。

自然な香りと、口の中をすっと洗い流してくれる清涼感。
おだやかで嫌味がないのに、無個性というわけでも決してない。
むしろ芯があって、渋みと甘みがしっかりと伝わる。
日常のなにげない「一服」を満たしてくれるちょうどいい豊かさとは、きっとこういうものなのかも。

ごくごくフツーに飲めて、後味さっぱり。
珈琲でブレイクもいいけれど、いつでも飲めるお茶はやはり万能。
外出する時は、やかんからどどーっと水筒に注いで持ち歩くようになってしまいました。

 


熱々、濃い目、常温、日によっていろいろ…。

 

■わかつちの会 堀田農産 (東広島市)
1953年の開墾以来、農薬を使わず有機栽培を続けている茶園。生産から加工まで自家で、昔ながらの自然そのままの製造を貫いています。普段使いに寄り添ったフツーのパッケージもロングセラーの証。無農薬なので、茶殻はそのまま食べても、チャーハンなどに入れても美味。お値段も495円と、お手頃です。

茶葉はやや多目に

 



酒のみむら プロフィール
「からだにやさしい、おいしいお酒と食のある楽しい生活」をテーマに、こだわりの日本酒、焼酎、ナチュラルワイン、伝統調味料、自然食品などを販売している酒販店。市内の飲食店さんとコラボして、おいしい料理とお酒を楽しむ会なども定期的に開催してます。 【 表町店 】
岡山市北区表町3丁目6−21(西大寺町商店街内)
TEL&FAX 086-206-5001
営業時間 11:00〜19:00(金・土・日曜が通常営業です※そのほかの日は不定期営業です)
【 加茂店 】
岡山市北区加茂508
TEL&FAX 086-287-2156
営業時間 10:00〜18:00(木曜定休)
facebook https://www.facebook.com/sakenomimura/
ホームページ http://www.ura-sake.com

 10月1日(水)『日本酒の日』に開催される「日本酒ゴーアラウンド 2017」の協力店として、
参加証となる「さかずきん」ちゃんバッジ(500円)を当店にて販売中です(8月1日〜)。

『 日本酒ゴーアラウンド2017 』

参加店舗(飲食店)と県内外の蔵元さんがペアになって、お店のお料理と蔵元のお酒を楽しみながら、はしごしていく日本酒イベント。今年は、全国9都市&シンガポールで同時開催!
参加店舗とタッグ蔵元の詳細は、facebook(日本酒ゴーアラウンド岡山で検索)をご覧ください。